鋼管ブログ

  1. トップページ
  2. 鋼管ブログ
  3. 宮脇の知っトク豆知識

お気軽にお問い合わせ下さい。

電話受付 : 平日9:00〜17:00

【東京営業部 担当:楠本】
TEL:03-5642-1255
【大阪本社 担当:山本】
TEL:06-6658-3817

メールでのお問い合わせ

PDFファイルをご覧頂くためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
最新版をダウンロードするには下記のボタンをクリックして、下記サイトの指示に従いインストールを行って下さい。

Adobe Acrobat Reader

鋼管ブログ

【2012年12月】・巨大な市場が〜 ・順調に育ってます〜 ・市場に“喝”を入れたのは〜

巨大な市場が眠っています。まだまだ普及するはず、「デジタル補聴器」。

 聴力の低下は思いのほか早く訪れ、20代より徐々に始まると言われています。また近年は、携帯型音楽プレーヤーの長時間・大音量による“イヤホン難聴”(正式には「伝音性難聴」)も増えています。
 しかしなんといっても、難聴の最大の要因は、加齢です。ところが、アメリカ、ドイツ、イギリス、フランスなどと比較して最も高齢化が進んでいるはずの日本が、「補聴器」の普及率が最下位というのが実情です。
 2011年度の「補聴器」の出荷台数は、約48万9,000台と過去最高の実績を打ち立てました(「日本補聴器工業会」調べ)。それでも例えば、ドイツの世界NO.1補聴器メーカー[シーメンス・ヒヤリング・インスツルメンツ]の日本市場の分析によると、難聴など、聴力に不自由を感じている人が1,900万人で、そのうち「補聴器」を使用しているのは470万人。たった1/4程度に過ぎないという推計をはじき出しています。つまり、“補聴器予備軍”ともいうべき難聴者の掘り起こしがまだまだ甘く、巨大なマーケットが眠ったままの状態であることを示しています。 ではなぜ、「補聴器」の普及率がなかなか上向きにならず、売上げも横バイ状態が続くのでしょう。
 第一の要因は、「補聴器」へのイメージ。できるだけ目立たず、装着していることが知られたくないというネガティブイメージが根強いこと。
 二つ目は、価格。簡易なもので数万円、高性能なものでは10万円以上〜40万円(片耳)と高額です。
 三つ目は、購入時に行われる“フィッティング”の面倒さでしょうか。使用者の聴力特性に合わせてチューニングする作業を行って、はじめて“使える補聴器”となります。しかも、購入後1ヵ月ぐらいは、週に1回、店に出向いて調節を行わなくてはなりません。

 現在の主流は「デジタル補聴器」で、すべて耳穴の中に入る“耳穴型”、本体が耳の後ろ側に収まる“耳かけ型”、本体をポケットに入れる“ポケット型”に大別されます。
 [シーメンス]の「エクセル」シリーズは、会話と周囲の生活音との聞き分けを実現した製品です。従来のものは、人の声を大きくすると周囲の音も一緒に大きくなっていたのを、聞き取りやすさを調整するコンプレッサーの性能を上げ、より自然に近い聞き心地が得られるよう工夫されています。
 国産補聴器メーカーの[リオン]からは、「リオネットマジェス」シリーズが今年6月に発売。“おまかせスピーチ”機能が、360度の範囲で音声を検出し、どの方向からの音声も聞き取りやすいのが特徴です。また、電話の受話器を近づけると通話に適した音質に切り替わるなど、使用者の使い勝手を考えた工夫が盛り込まれています。

 日本のレベルも上がっているとはいえ、「補聴器」の分野では歴史的に見ても欧州勢が先進国。しかしその分、日本のメーカーには、技術的にも市場的にも“伸びしろ”があるといえます。

※参考:
シーメンス・ヒヤリング・インスツルメンツ http://www.siemens.co.jp/
リオン   http://www.rionet.jp/
日本補聴器工業会   http://www.hochouki.com/
日経産業新聞(2012年9月14日付)

順調に育ってます。企業運営型の「貸し農園ビジネス」

 農業を生業としない都市部に住む人たちが、レクリエーションとして自家用野菜や花の栽培、高齢者の生きがいづくり、子供の体験学習など、多様な目的で、小面積の農地を利用した貸し農園のことを、「市民農園」または「レジャー農園」と呼ばれています。 形態としては、“日帰り型”“滞在型”の他に、近年は農作業の教育的かつ医療上の効果が認められ、学校法人や福祉法人などが農業体験や園芸療法を目的とした“学童農園・福祉農園”という形も見られるようになりました。
運営母体は、自治体や農家の他に、最近増えているのが民間の企業。消費者の食に対する安全志向と不況による節約志向を追い風に、「貸し農園」をビジネスとして運営管理する企業の参入が注目されています。全国で約3,800ヵ所の「市民農園」のうち、企業が運営するのは280余り(2011年「農林水産省」調べ)。まだまだ数は少ないものの、企業運営型市民農園の開設数は年々増加しています。

 自分で作って、自分で食べる“自産自消”を掲げた指導・管理サポート付き「貸し農園」を展開するのは、農業ベンチャーの[マイファーム](京都市)。現在、首都圏と近畿圏を中心に全国70ヵ所の農園で、約2,000人以上の利用者が畑を耕しています。1区画のレンタル料は、15平方メートルで月額3,000〜7,000円(1年契約)。農機具や肥料などの貸し出しは無料。指導員が常駐して利用者の農作業をサポートしてくれます。

 “ガーデンファーム”というコンセプトの会員制体験型リゾート農園を展開するのは[アグリライフ倶楽部](千葉県)。野菜作りのプロ(ファームインストラクター)が耕作指導と栽培サポートを行ってくれるので、まったくの初心者でも種まき、苗植え、収穫までを体験できるシステムです。1区画、16.5平方メートルで6,300円/月、33平方メートルで12,600円/月、49.5平方メートルで16,800円/月の3タイプで、入会金は無料。シャワールームやキッチン、バーベキューなどの設備がそろったオシャレなクラブハウスを備えていることも特徴です。

 2012年4月に“ファームセラピー事業”として市民農園を開設したのは、[ジャスナ](大阪市)。JR大阪駅から車で10分ほどの本社ビルの屋上には、土耕式の都市型屋上農園を開設。1区画約3平方メートルで10,290円/月。さらに屋内にも、水耕栽培棚を用いた農園を整備。1区画120センチメートル×70センチメートルで6,300円/月。ともに農具などが揃っているので、平日の仕事帰りに手ぶらで農業が楽しめます。いずれも専門スタッフが常駐するフルサポート体制です。

 農業人口の減少に伴う耕作放棄地の増加が、「市民農園」の用地確保を後押し、ますます企業の参入に拍車がかかります。

※参考:
マイファーム   http://myfarm.co.jp/
アグリライフ倶楽部  http://www.agrilife.co.jp/
ジャスナ     http://justnow.jp/
農林水産省    http://www.maff.go.jp/
日経産業新聞(2012年9月11日付)

市場に“喝”を入れたのは韓流でした。「飲むお酢」、復調の兆し。

 いわゆる“飲むお酢”、「ビネガードリンク」(飲用酢)市場は、2005年〜06年にかけての黒酢ブームが去った後は、右肩下がりで縮小が続いていました。多くのテレビや雑誌などで「飲用酢」の健康効果が紹介され認知度も高まってきたにも拘わらず、“飲みにくい”“まずい”といったイメージは根強く、“酢を飲む”ことに抵抗感を抱く消費者が少なくなかったようです。
しかし、ここにきて需要が上向きになり、市場全体も復調気配を見せています。2011年の販売実績が久々に2ケタの伸びを示したのです。その原動力となったのが韓国勢の参入でした。

 2010年4月、韓国[大象(デサン)]の飲用酢、「紅酢(ホンチョ)」が日本に上陸して大ブレーク。ざくろ、ブルーベリー、野いちご、梅、チェリーと5種類の希釈タイプの果実酢で、本国では2005年に発売以来、常に売上げNO.1を続けている人気ブランドです。
しかし、日本でのデビューから1年近くは苦戦が強いられました。いくら韓国で国民的飲用酢でも、日本では無名。しかし、特徴である“飲みやすさ”と“美容効果”を知ってもらうための試飲イベントやサンプリングなどを精力的に繰り返すうちに、徐々に認知度もアップ。 さらに、2011年9月から日本限定のCMキャラクターとして起用した“KARA”効果もあって、いまや国内飲用酢市場の横綱、[ミツカン]をも脅かすほどの勢いです。他に韓国系では、[CJジャパン]が「ざくろ酢ミチョ(美酢)」と「ミチョコラーゲン」で参入しています。

 迎え撃つ形となった国内勢は、黒酢ブームの時のような“健康”をメインとした訴求から、“美容・ダイエット”食品としてのサプリメント効果を前面に出してアピール。50代以上の年代から、若い女性へとターゲットをシフトして攻勢をかけます。
[メロディアン]は、リンゴ果汁30%入りの「SUPER黒酢で元気」と、ざくろ酢に大豆イソフラボンを加えた「BEAUTYざくろのお酢」を発売。
[ミツカン]は、「はちみつリンゴ酢ダイエット」「ブルーベリー黒酢ダイエットストレート」など豊富な品揃えで、国内市場40%強のトップシェアを誇示します。
「飲用酢」ブームの草分け的製品と言われる「はちみつ黒酢ダイエット」(1990年発売)の[タマノイ酢]は、今秋、「はちみつ黒酢ブルーベリーダイエット」「すっきりウコン+黒酢」「はちみつ黒酢ダイエットレモン水」を相次いで発売しました。

 10年ほど前、ある雑誌の「まずいものランキング」で、「飲用酢」が2回続けて1位になったといいます。飲みやすく、美味しくなった近頃の「飲用酢」に、乾杯!

※参考:
大象ジャパン     http://www.daesang.co.jp/
CJジャパン     http://www.cjjapan.net/
メロディアン     http://www.melodianhf.com/
ミツカン       http://www3.mizkan.co.jp/
タマノイ酢      http://www.tamanoi.co.jp/
日経MJ(2012年9月17日付)

ページトップ